• > HOME

 ロータリーは20世紀初頭に米国で誕生した100年以上の実績を持つ国際クラブであり、意義ある事業の基礎として奉仕の理念を奨励しています。
 東京東久留米ロータリークラブは、東京都東久留米市にて、社会貢献・奉仕活動に取り組んでいます。

2021〜2022年度クラブ運営方針

会長 若林 晃

 クラブ会長をさせて頂きます若林晃でございます。 私の父、故若林秋治が当クラブ1994 ~ 1995 年度、創立25 周年時、第25 代の会長を仰せつかり、クラブ会員の皆様の後押しのもと、無事に会長職を全うできましたことを生前口癖のように申していたことを記憶しております。 私は52 代会長を拝命するにあたりまして、27 年前に父が中心となり創り上げたクラブの歴史の一ページに恥じぬように、皆様と奉仕活動を進めてまいりますことをお誓い申し上げます。


 当該年度の、国際ロータリー会長はマルカッターマハガル・ロータリークラブ(インド、西ベンガル州)に所属する”シェカール・メータ”氏で、年度の会長テーマは、人のために世話をし、奉仕することが最良の生き方。何故なら、その経験を通じて誰かの人生だけでなく、自分の人生を豊かにできるのだから、という信念のもと、「奉仕しよう みんなの人生を豊かにするために(Serve to change Live)」と発表されました。

 当該地区若林英博ガバナーは、新型コロナウイルス感染防止のため、2021 年3 月23 日に予定されておりましたPETS も6 月へ延期されたため、初めての企画でGPM(ガバナー・プレジデント・ミーティング)を発案され、RI 会長エレクト シェカール・メータからテーマに加えて、若林英博年度の大きな地区目標「世界で日本で地域で良いことをしよう」とし、その奉仕実現のために、掲げられた5 項目の説明を含めたミーティングを実施され、方針を示されました。

【5 項目】
1. 新型コロナウイルスで困っている人々を支援しよう
2. ポリオ根絶に向けて頑張ろう
3. 元気なクラブになろう
4. 会員増強・クラブ拡大をする覚悟をもとう
5. ロータリーの公共イメージをアップさせよう

この方針を基本に、コロナ禍という未曾有の危機下の現状ではありますが、クラブの活性化と、安全安心の例会開催、奉仕事業を充実させ、諸活動を行ってまいりたいと思います。

 特にクラブの諸活動に於いては、ロータリーの五大奉仕部門を重視し、本ロータリークラブの活動の哲学的および実際的な規準でありますが、奉仕の第一部門であるクラブ奉仕は、本クラブの機能を充実させるために、クラブ内で会員が取るべき行動に関わるものとして、今、重要な会員拡大・増強に注目し、「拡大」「増強」をそれぞれ双方単体で思考することにより委員会の目標の意味するところを強化していただきたい。
 会員拡大増強委員長のもと理事役員のみなさまを含めた会員拡大・増強委員会の力を発揮していただきたい。 地区より推奨させております「オープン例会」の開催を会員拡大・増強の刺激剤としてだけでなく、社会奉仕事業として、活動の概念にある地域内に居住する人々の生活の質を高めるための取り組みを目標に持ち、皆様のご協力をお願いいたします。
 職業奉仕は、事業および専門職務の道徳的水準を高め、品位ある業務はすべて尊重されるべきであるという認識を深め、あらゆる職業に携わる中で奉仕の理念を実践していくという目的を持つものでありますので、会員自身を律し、事業を行うこと、そして自己の職業上の手腕を社会の問題やニーズに役立てるために、今期初めて唱える「職業奉仕3 信条」を通じての取り組みを期待いたします。
 国際奉仕は、国際大会の参加要請にとどまらず、書物などをよむことや通信を通じて、さらには、他国の人々を助けることを目的としたクラブのあらゆる活動やプロジェクトに協力することを通じて、その文化や習慣、功績、願い、問題に対する認識を培い、国際理解、親善、平和を推進するための努力を期待いたします。
 最後に青少年奉仕は、指導力養成活動、社会奉仕プロジェクトおよび国際奉仕プロジェクトへの参加、世界平和と異文化の理解を深め育む交換プログラムを通じて、青少年ならびに若者によって、好ましい変化がもたらされること期待いたします。

お問合せ

  • 東京東久留米ロータリークラブへのお問い合せは事務局までお電話またはFAXでお願い致します。

    東久留米市商工会館
    事務局担当:小林

    〒203-0052
    東京都東久留米市幸町3-4-12
    東久留米市商工会館内
    TEL : 042-473-2341 / FAX : 042-471-2341

     

ページトップへ