東京都東久留米市にて、社会貢献、奉仕活動に取り組んでいる、東京東久留米ロータリークラブです。
  • thk-rc.sakura.ne.jp

2019-2020年度クラブ運営方針

会長  高橋 博文

2019~2020年度国際ロータリー、マーク・ダニエル・マロ―ニー会長のテーマは「ロータリーは世界をつなぐ」です。

ロータリーの礎は「つながり」ということです。若い弁護士としてシカゴにやって来たポール・ハリスがロータリーを創設した最大の理由は、見知らぬ街で他の人たちと「つながる」ことでした。
ロータリーがなければ出会うことがなかった人々、あるいは職業上の機会を与えられてロータリーに入って出会った人々が、私たちの支援を必要としている人たちが何処に居るのか、どういう支援をすれば良いかを考えることが「つながり」をもたらしてくれる、とあります。

そして新本博司ガバナーは「一期一会の心で奉仕の実践を」「不易流行で明るい平和な未来を」と、一つの機会で出会ったロータリアン同士、奉仕の実践する基で共につながり、そして不易流行の精神で未来へつなげて行く…ロータリー活動の価値を一人一人が見出し、自らが実践するロータリアンとして、昨日と違う自分を見つけ、継続して実行する人になる年にしましょう。
ロータリアン一人一人が誰からも尊敬と信頼される社会人として存在することが、会員増強につながり、牽いてはロータリーの存続を保証することになります、と示されました。

当クラブも50年の歴史をつなげて頂きました諸先輩方々への感謝の気持ちと、そしてこれからの100周年を目指す当クラブの未来への繁栄の誓いを込めた新たなるスタートの1年とするのであれば、同じくロータリアン同士、また地域や社会とのつながりを大切に、認められるロータリアンを目指し、行動しなければなりません。

不易流行: いつまでも変化しない本質的なものを忘れない中にも、新しく変化を重ねているものをも取り入れていくこと…今年の当クラブのテーマとして「Back to the basics !」(基本に戻ろう!)を上げたいと思います。
創始の心を知り、ロータリーの基本を学びなおし、その上で時代に合わせて変革出来る柔軟性と、変えてはいけないものをはっきりとさせて、未来へとつなげていく…そんな一年にしたいと考えております。

そして2020年、令和2年5月23日には東京東久留米ロータリークラブ50周年記念式典・祝賀会を厳粛且つ盛大に行い、多くの会員・家族の皆さまと共にお祝いをしましょう!

50年の集大成とも言えるこの一年、情熱をもって行動して参ります! どうぞ皆さまのご協力を宜しくお願い申し上げます。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
ロータリー文庫へ

Count per Day

  • 33814総訪問者数:
  • 2014/08/01カウント開始日:
PAGETOP
Copyright © 東京東久留米RC(ロータリークラブ) All Rights Reserved.