東京都東久留米市にて、社会貢献、奉仕活動に取り組んでいる、東京東久留米ロータリークラブです。
  • thk-rc.sakura.ne.jp

2020-2021年度クラブ運営方針

会長  奥住  智明

2020-2021 年度 初のドイツ出身のボルガー・クナークRI 会長は、テーマとして「Rotary Opens Opportunities(ロータリーは機会の扉を開く)」を発表されました。
また、新しいロゴの色は、ロータリーのアズール(青)とゴールド(黄)に加え、ローターアクトのクランベリー色の3 色からなり、ローターアクトへのつながりが強調されています。
 当地区の野生司義光ガバナーからも大きく3 つの年間活動の要点が示されておりま す。
その要点は「会員増強」「公共イメージの向上」「ロータリーデーの開催」であります。
 本年度は日本ロータリー100 周年という節目の年でもあり、本来でしたら日本中の ロータリアンがお祝いムードに包まれ、100 歳を祝うことを中心とする年であります が、年度越しのCOVID-19(新型コロナウイルス)の感染影響により、昨年度開催予定 の当クラブの大切な創立50 周年式典事業にも多大な影響を及ぼし、本日現在開催に 至っておりません。
 本年度はこの重要事業開催という、バトンを受け継がなくてはならない異例の年度 にもなっております。
 本年度RI テーマ「ロータリーは機会の扉を開く」とはまさに、苦難に打ち勝つため、奉仕の大小にかかわらず助けを求める人に、社会に機会を生み出すものであると思います。
 そのためには「奉仕の機会」、「リーダーシップの機会」など、私たちのあらゆる活動が、どこかで誰かのために機会の扉を開くための一年でなくてはならないと思います。

以上を踏襲し、今年度は、これまでクラブを支えていただいた、諸先輩方や、新たに加わった新会員のみなさまと共に活動を行って参ります。私は、今一度ここで会員間の更なる結束を深めたいと考えます。今年度、会員卓話を中心とした例会を開催し、相互理解を深め、会員同士の信頼関係を深めたいと考えます。
 それによって、良い雰囲気を築き上げれば、奉仕の機会にも繁栄する事が出来、地 域の方々にもクラブの良いイメージが伝わり、会員増強の一助になると考えます。
 また、当該年度の終盤には各委員会の次年度引継ぎとして、委員長の活動計画書に 記載されている活動目標、活動計画が一年間でどのように実行できたかを、次に引き 継がれる方々への役立つ報告となることと考えております。
 結びに、今年度準備が始まるかという頃に、”新型コロナウイルス”騒動に見舞われ てしまい、思うような活動が出来なくなってしまいました。しかし、その中でクラブの”絆”の大切さを、あらためて認識させて頂くことが出来ました。この素晴らしいクラブのために一年間粉骨砕身の努力を致しますので、皆様からのご指導・ご協力をお願い致します。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
ロータリー文庫へ

Count per Day

  • 42998総訪問者数:
  • 2014/08/01カウント開始日:
PAGETOP
Copyright © 東京東久留米RC(ロータリークラブ) All Rights Reserved.