東京都東久留米市にて、社会貢献、奉仕活動に取り組んでいる、東京東久留米ロータリークラブです。

会員増強委員会

会員増強委員会

委員長 荻 野   進
委  員 榎 本   実   
委  員 若 林 俊 幸
委  員 土 谷 淳 一
委  員 木 村 健 永
委  員 佐 藤 雅 紀
副委員長 中 村 伸 治
委   員 青 木 真 澄    
委   員 川 嶋   覚
委   員 伊 藤 友 也
委   員 奥 住 智 明
委   員 新  会  員

活動目標

本年度、松坂順一ガバナーのターゲットとして「研修」と「活性化」が揚げられ、付随する方針として、自クラブの5年~10年先のクラブの現状を考え、目標をもって行動する事を要望されております。なかでも当該年度、井田会長の運営方針の要であります「会員増強」事業は、会員数によりクラブの活動を左右する最も重要な事業です。当該年度は会員増強に加え,新クラブ結成(拡大)推進目標を揚げている為、実現に向けた「中・長期的な計画の会員増強・拡大計画」を検討し、近未来のクラブ活動の原動力につながるよう、会員一人ひとりの協力を求めて参ります。

活動計画

  1. クラブの現状を評価する
    当クラブが元気なクラブかどうかを客観的に見つめ、クラブの強みと改善点を考えて参ります。
  2. クラブのビジョンを描く
    クラブが中・長期的な範囲で「こうありたいと望み姿」を思い描くこと、すなわち「活気にあふれ」「入会したいと思われるクラブとは」等を、テーマとした「炉辺」「研修会」の開催を致します。
  3. 入会の魅力を高める
    多様性や職業分類の調査と候補者検討等の効果的な方法を取り入れ、会員を取り巻くあらゆる入会可能者(例:友人・仕事上の知人・元会員・学友・ロータアクター・ロータリ学友・家族知人等々)を検討し、入会のメリットを伝え、友情とつながりに結び付けて参ります。
  4. 会員の積極的参加を促す
    会員維持(退会防止)の基盤は会員の皆さんの活動への積極的な参加であり「会員の満足度」を高める為の様々な取り組みを行って参ります。
  5. 新クラブのスポンサーとなるための計画
    新クラブ設立の責任者はガバナーですが、スポンサーや責務や新クラブ設立の手続きについて会員の皆様と十分な説明と協議を行って参ります。
  6. クラブに直結するサポート体制の活用
    新クラブ結成に関しましては、地域のリーダーはもとより、地区会員増強委員会・ガバナー補佐・クラブ地区支援室等々との協力要請を行って参ります。
PAGETOP
Copyright © 東京東久留米RC(ロータリークラブ) All Rights Reserved.