クラブ概要
クラブ概要
クラブ概要


  • HOME > クラブ概要

東京東久留米ロータリークラブ概況

1.クラブ経歴 創      立     昭和45年5月26日
承      認     昭和45年6月17日
認証状伝達式       昭和46年5月 1日
スポンサークラブ     東京小平ロータリークラブ
2.区   域 東京都東久留米市全域
  例 会 場 東京都東久留米市幸町3-4-12
東久留米市商工会館3F大ホール
3.事 務 局 東京都東久留米市幸町3-4-12
東久留米市商工会館2F
電 話(042)473-2341 FAX(042)471-2341
事務局 小林 修子
4.例 会 日 毎週火曜日12時30分より
5.取引銀行 西武信用金庫東久留米支店
6.ビジター費 2,000円
7.会員年代別構成 昭和 1~10年    1名
昭和11~20年    6名
昭和21~30年    5名
昭和31~40年   13名
昭和41~50年    5名
昭和51~60年    1名
平均年齢65.48歳

2022年度~2023年度理事・役員

会 長 理  事 役  員 稲 村 晃 伸
副会長 理  事 役  員 川 嶋  覚
副会長 理  事 役  員 若 林  晃
幹 事 役  員 若 林 俊 幸
会 計 役  員 吉 田   剛
職業奉仕 理  事 田 中  博
社会奉仕 理  事 石 井 智 志
国際奉仕 理  事 大 山 裕 美
青少年奉仕 理  事 藤 本 誠 一
会場監督 役  員 荻 野  進
副幹事 木 村 健 永

【地区委員】

地区研修副委員長 中 村 伸 治
地区拡大委員 中 村 伸 治
地区インターアクト委員 藤 本 誠 一
地区危機管理委員 藤 本 誠 一
地区公共イメージ・アースデーチーム委員 萩 野  進
地区クラブ運営支援部門長 高 橋 博 文
地区クラブ奉仕委員 川 嶋  覚
地区社会奉仕委員 大 山 裕 美
地区インターアクト委員 山 下 雅 章
地区青少年交換委員 貫 井  勉
バギオ基金評議員 奥 住  智 明

2022年度~2023年度  R12580 東京東久留米ロータリークラブ 会務分担表

会 長 理  事 役  員 稲村 晃伸
副会長(会長ノミニー) 理  事 役  員 川嶋 覚
副会長(パスト会長) 理  事 役  員 若林 晃
職業奉仕担当 理  事 田中 博
社会奉仕担当 理  事 石井 智志
国際奉仕担当 理  事 大山 裕美
青少年奉仕担当 理  事 藤本 誠一
幹 事 役  員 若林 俊幸
副幹事 木村 健永
会 計 役  員 吉田 剛
S.A.A(会場監督) 役  員 荻野 進
(副)野崎 守二 亀田 慶一郎・西川 徹夫・奥住 智明・吉田 剛
クラブ委員会 委 員 長 副委員長 委   員
■クラブ奉仕委員会 川嶋 覚
親睦活動
(ZOOM担当)
奥住 智明 粕谷 基 才神 芳美・西川 徹夫・浜中 敏夫・高橋 博文・若林 晃・土谷 淳一・木村 健永・貫井 勉・吉田 剛・小松 利久・新会員
出席促進・退会防止 渡邊 政廣 榎本 実 亀田 慶一郎
研修・ロータリー情報 中村 伸治 井田 清治 若林 晃・藤本 誠一(RL.I担当)
プログラム・特別月間担当 木村 健永 高橋 博文 島崎 孝・山下 雅章
■広報・公共イメージ向上 貫井 勉 島崎 孝 小松 利久・粕谷 基
■会員拡大・増強 山下 雅章 小松 利久 金山 昱・荻野  進・貫井 勉・石井 智志・大山 裕美
会員選考・職業分類 亀田 慶一郎 才神 芳美 田中 博
■職業奉仕委員会 田中 博 浜中 敏夫 榎本 実・藤本 誠一
■社会奉仕委員会 石井 智志 浜中 敏夫 才神 芳美・西川 徹夫・藤本 誠一・榎本 実・島崎 孝・渡邊 政廣・高橋 博文・粕谷 基・山下 雅章・新会員
■国際奉仕委員会 大山 裕美 山下 雅章 小松 利久
※ポリオ・ロータリー財団 浜中 敏夫 木村 健永 野崎 守二・村野 建彦
■青少年奉仕委員会 藤本 誠一 貫井 勉 吉田 剛
青少年交換 粕谷 基 大山 裕美 若林 晃
米山奨学 島崎 孝 西川 徹夫 大山 裕美
米山奨学生カウンセラー 木村 健永 (2022年4月1日~2023年3月31日)
■中長期ビジョン検討室 室長・稲村 晃伸 (副)川嶋 覚 若林 晃・若林 俊幸・木村 健永

東久留米市の概要

IMG_6973

地勢・風土

 東久留米市は東京都心より北西24kmにあり東京都のほぼ中央、武蔵野台地の北部に位置している。
 東は西東京市に接し、西は東村山市に、南は小平市と西東京市に、北は清瀬市と埼玉県新座市に接しており総面積は12.98㎢の近郊都市である。交通は西武池袋線で副都心池袋より東久留米駅まで20数分である。
 市の中心を流れる黒目川、落合川と多くの湧水に富み、低い丘陵の続く地形は人間の生活に適していたようで、縄文土器の発掘では、数万年前の石器なども発見されている。
 昭和30年頃までは、農業生産地であったが、昭和37年の住宅団地誘致以来都市化が進行し、昭和45年市制施行と共に住宅都市化政策により昭和30年人口10,319人から令和3年5月1日現在、男56,937人、60,132人、計117,069人に達し、急激な人口増は行政面に幾多の困難な問題を抱えているが、自然環境を生かしつつ、近代都市をめざし、新しいまち創りに向かおうとしている。

沿 革

廃藩置県当事    現東久留米市の区域は品川県に属する。
明治 22年    柳窪、下里、野火止、田無(飛地)、前沢、小山、南沢、柳窪新田、門前、落合、神山、栗原新田の12村が合併して久留米村となる。
明治 26年    東京都に遍入となる。
昭和 31年    町制施行、久留米町となる。
昭和 45年    市政施行、東久留米市となる。

ページトップへ